【乾燥肌の人必見!!】特に乾燥しやすい体の部位とは?

乾燥肌によって「ヒビ割れ」が起こりやすく、特にヒビ割れが起こりやすい部位と、その原因については前回の記事で解説しました。

 

 

mizumushi.hatenadiary.jp

 

今回は、ヒビ割れの原因である「乾燥肌」について、特に乾燥しやすい部位についてご紹介します。

 

とくに乾燥しやすい体の部位は?

 

皮膚の乾燥は、皮脂の分泌量によって変化します。

皆さんが乾燥肌と感じるときは主に「スネ」がカサカサしているのではないでしょうか?

「スネ」も「かかと」も皮脂腺がないため、乾燥しやすい部位になっています。

顔の場合は、頬や口まわりが乾燥しやすくなっています。

 

f:id:xxxxkun:20181126092858p:plain

 

引用:小林製菓

 

皮脂腺の有無によって、乾燥肌になりやすい部位とそうではない部位が変わってきます。

 

乾燥肌には「ヒシモア」がオススメ!!

皮脂を作る力を回復して、皮脂が枯れた肌を治すことができるのが、ヒシモアです。

 

 

 

①肌のバリア機能を改善する成分「ヘパリン」

②皮脂の分泌を高める成分「ガンマ-オリザノール」

③かゆみを抑える成分「ジフェンヒドラミン」

 

f:id:xxxxkun:20181126093935p:plain

 

これらが、乾燥肌スパイラルを改善して、皮脂の枯れた肌を治していきます。