【これって、かかと水虫?】ガサガサかかとには要注意!

ただの乾燥による「ガサガサかかと」だと思ってはいけません。

 

もしかしたら、かかと水虫の場合もあるのです。

 

 

かかと水虫とは

名前の通り、"かかと"にできる水虫です。

指の間にできる水虫と比べて、かゆみや炎症などの自覚症状がないため、乾燥やヒビ割れと判断されやすいのが怖い所です。

 

f:id:xxxxkun:20181118154819p:plain

 

「かかと水虫」Google画像検索の結果

 

このように、足の裏全体に渡って粉をふいたような状態になるのが特徴です。

水虫の中でも治療しにくく、放っておくと治療が難しい爪水虫(爪白癬)になる可能性もあるので注意が必要です。

 

かかと水虫とガサガサかかとの見極め方法

所見だけでは「かかと水虫」と、乾燥による「ガサガサかかと」を見極めることは出来ません。

かかとのケアをしていても、なかなか改善されない場合は、1度「かかと水虫」を疑ってみてください!

 

自宅で出来る「かかとケア」方法はコチラ

 

 

かかと水虫の治療方法

かかとは皮膚が分厚いために、治療薬は「尿素」が配合されているものが採用される傾向にあります。

市販薬では「エクシブWディープ10クリーム」が、かかと水虫専用の水虫治療薬になります。

 

 

この「エクシブWディープ10クリーム」は、かかとだけに使うものではなく、足全体に使えるものです。

 

 

角質のスキンケアをしても、ガサガサかかとが治らない場合は、医師の診断を受けてください。

ツルツルな足をパートナーに見せてあげましょう!