【女性が抱える冬の悩み】ガサガサかかとの原因とは?

f:id:xxxxkun:20181117185811p:plain

冬が近くに連れて、足の乾燥が目立っているのではないでしょうか?

足を酷使した夏の時期から、角質が溜まりやすく、放っておくと肥厚してしまいます。

それが乾燥することによって、表面がガサガサになり、ストッキングやタイツ、靴下に引っかかり、伝線してしまうことになります。

 

 

かかとガサガサの「角化症」

このような「かかとのガサガサ」を一般的に角化症と呼んでおり、かかとの皮膚(角質)が蓄積することによって起こります。

ケアをせずに放っておくと、ヒビ割れが起こり、出血や痛みを伴う場合もあります。

清潔にしていないと白癬菌(水虫の原因菌)の温床にもなりやすく、かかと水虫になる可能性もあるのです。

 

角化症の原因は?

角化症の原因はたくさんありますが、代表的なものは「外的刺激」と「乾燥」です。

 

外的刺激

皮膚は外的刺激から皮膚内部を守る役割があるのですが、特に「かかと」は体重が一番かかる場所なので、歩行時にとても摩擦がかかります。その分、「かかと」は皮膚が分厚くなっていますが、素足になる事が多い夏の時期では紫外線などの影響も受けることから、角化症になりやすいです。

 

乾燥

「かかと」には皮脂腺が無いため、油分が不足しやすく、乾燥がしやすくなります。

そこに外的刺激が加わることによって、角質が分厚くなり、細胞内に十分に水分が行き届かなくなってしまうのです。

このようにターンオーバーのサイクルが乱れることで、皮膚のガサガサは悪化していきます。

 

ストレスや老化

加齢や疲労などで、ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーやバリア機能が低下するため、肌の再生力も衰えていきます。古い角質は皮膚表面に残り続けて角化症を引き起こします。

 

ガサガサかかとを引き起こす習慣

f:id:xxxxkun:20181117193415p:plain

 

ガサガサかかとになる原因は分かっても、悪習慣が続いてしまったら永遠に治りません。

 

足に合わない靴を履いている。

特に女性が多いと思いますが、足を圧迫しすぎる靴やサイズが大きすぎる靴は、外的刺激を強く起こすため、皮膚が分厚くなり角化症を引き起こします。

 

姿勢や歩き方が悪い

靴のサイズが合ってない場合や、姿勢が悪いと重心がズレて、足の負担が大きくなってしまいます。

 

角質ケア不足

乾燥などから肌を保護していないと、悪化する一方です。

保湿クリームなどを塗るなどのケアを怠ると、ひび割れに繋がり、歩くだけで痛みを感じる状態になってしまいます。

 

しかし、簡単に「角質ケア不足」と言っても何をしたら良いか分からないと思います。

そんな方に、「ガサガサかかとを改善する方法一覧」をご紹介します!

 

今夜から実践可能!!
ガサガサかかとを改善する方法を紹介!