水虫きんぐ

〜私の水虫治療体験記〜

4種類のダマリングランデはそれぞれどんな水虫にオススメなの!?

私が趾間型水虫を治したときに使ったダマリングランデですが、薬局やネットをみても同じダマリングランデの商品が複数あるので、「どれを購入したらいいのか?」分からないと思います。

 

今回は代表的な4種類のダマリン製品について、どんな水虫にどんなタイプのダマリン製品を使ったら良いのかを書いていきます。

 

 

4種類のダマリングランデ製品

 

今回、紹介するダマリングランデ製品はこの4種類です。

 

f:id:xxxxkun:20181005110400p:plain

 

①ダマリングランデX(クリームタイプ)

 

②ダマリングランデX液(液体タイプ)

 

③ダマリングランデ(パウダースプレータイプ)

 

④ダマリングランデ(アイススプレータイプ)

 

 


ダマリングランデX(クリームタイプ)

f:id:xxxxkun:20181005110035p:plainダマリングランデXは、白癬菌を殺菌する「テルビナフィン塩酸塩」に、患部を殺菌・消毒する「イソプロピルメチルフェノール」、かゆみ・痛みをしずめる「リドカイン」、炎症を改善する「グリチルレチン酸」、清涼感を与える「l-メントール」の5種類の有効成分を配合。1日1回の使用により、かゆみや痛みを伴う水虫・たむしを改善します。

 

私が趾間型水虫で悩んでいた時に使っていたのはクリームタイプでした。

水虫の患部と、その周辺にしっかりと塗りたい場合はクリームタイプがオススメです。

クリームタイプの良さは塗り残しがないこと。長時間皮膚に残るので、じっくりと浸透していくことです。(就寝前に塗ることをオススメします)

 

サラッとベタつかないクリームなので、ジュクジュクした患部におすすめです。

 

ダマリングランデXクリームについてもっと詳しく知りたい方はこちらの使用レビュー記事をご覧ください!

 

水虫にダマリングランデXクリームは効果あるの?

 

 

 

 

ダマリングランデX液(液体タイプ)

f:id:xxxxkun:20181005111239p:plain

 

液体タイプは、浸透力が高く角質層にいる白癬菌に対して効果的にアプローチをすることができます。

 

発症部位が一ヶ所など、小さい場合であれば液体タイプがオススメです。

ただし、趾間型水虫の場合は全ての指の間に発症することもあり広範囲に水虫薬を塗らないといけません。(実際に私は全部の指の間に発症しました)

その場合は液体タイプだとムラ無く塗布することが難しいでしょう。

爪の間などにできる水虫には効果的です。

 

浸透しやすい液剤で、カサカサした患部におすすめします。

 

 

ダマリングランデ(パウダースプレータイプ)

f:id:xxxxkun:20181005114313p:plain

 

大正製薬独自のエアゾール剤技術により、薬剤が周囲に飛び散りにくく、患部に効率よく付着します。

薬剤を患部に噴射すると、付着したパウダーは、はじめしっとりしていますが、これは有効成分をしっかり浸透させるための製剤技術です。

 

スプレータイプは、塗布後に手を洗わなくて良いなどの手軽さが人気です。

付着したパウダーが表面の水分を吸収して患部をサラサラに乾燥させます。

患部が小さく、ジュクジュクした患部にオススメします。

 

 

 

ダマリングランデ(アイススプレータイプ)

f:id:xxxxkun:20181005115039p:plain

 

大正製薬のアイステクノロジーによって痒みの強い患部に対してアプローチします。

殺真菌成分の「テルビナフィン塩酸塩」が水虫菌(白癬菌)の細胞膜の合成経路を初期段階で阻害するとともに、リドカインが患部のかゆみや痛みをしずめ、グリチルレチン酸が皮膚の炎症を改善します。また、l-メントールが患部のかゆみや炎症をやわらげるとともに、清涼感を与えます。

 

患部に強い痒みのある水虫におすすめします。

 

 

 

ジュクジュクした趾間型水虫にオススメは?

 

・痒みが時々ある

・水虫の範囲が広い(指の間に何ヶ所もある)

・ジュクジュクしている

 

これらの症状がある場合は「ダマリングランデXクリーム」をおすすめします。

(個人的に症状が軽減されたからです)

 

 

 

↓ダマリングランデXクリームを使った感想はコチラ↓

 

水虫にダマリングランデクリームは効果あるの?