水虫きんぐ

〜私の水虫治療体験記〜

爪水虫は削れば治るの!?その考えが落とし穴です。

爪の中に白癬菌が侵入することで、発症する爪白癬ですが、治療を続けていてもなかなか思ったような効果が見られないために焦りを感じている方も多いようです。

 

f:id:xxxxkun:20180824091424p:plain

 

 

こんな気持ちの焦りから、自分で爪をヤスリで削ったり、爪切りで過剰に切ってしまったりする話もよく聞きます。

 

 

爪はタンパク質で非常に硬く、外部からの有効成分は浸透しにくい構造になっています。飲み薬で治す場合には関係ありませんが、爪水虫を市販薬などの塗り薬で治す場合は、より深部に有効成分を働きかけるために爪に微細な穴を開けたり、表面を削って浸透力をあげるような方法があります。

 

 

爪水虫は削れば治る?

 

上記のように爪に微細な穴を開けて薬を投与したり、爪の表面を削ることで薬が浸透しやすいというメリットがありますが、デメリットもあります。

 

デメリットとして考えられることは、「自分ではできない」ということです。

 

①その場所にどのくらいの穴を開けたらいいのか?

②削るときの目安は?健康な爪の判断は?

 

このように素人では判断ができない曖昧なところがあります。

 

自分の判断で爪を削ってしまった方で、皮膚に微細な傷をつけていて、そこから白癬菌が侵入して更に症状が悪化したというケースもあります。

 

それも「早く治したい」という気持ちからやってしまったことなんでしょうね....

私も趾間型水虫を発症した時は、あれこれ手を出してしまったものです。

 

 

削らないで有効成分を浸透させる方法

 

「自分で爪を整形する」ことは危険だということを分かっていただけたと思います。

 

実は、「爪に穴を開けたり・削る方法」以外でも有効成分を深部に届けることができるのです。

 

①病院に定期的に通い、飲み薬で治療をする

 

市販の塗り薬を使う

 

③爪水虫で悩む方専用の浸透力特化型ジェルを使う

 

 

①通院をする

何度か通院をして、飲み薬や塗り薬を処方してもらいましょう。

ただし、飲み薬を服用できない方もいます。

 

①肝機障害のある方

②他の薬を飲んでいる方

③妊娠中・授乳中の方

④高齢の方

 

②市販の塗り薬を使う

爪白癬にも種類が分けられます。

f:id:xxxxkun:20180824113130p:plain

 

この中でも白色表在型は、塗り薬で治療されることがあります。

白癬菌の殺菌効果があるテルビナフィン塩酸塩が配合されている「エクシブ爪きわジェル」はドラックストアやネットで購入することができます。

 

 

 

③爪水虫で悩む方専用の浸透力特化型ジェルを使う

浸透力に特化しているジェルタイプの商品です。

爪水虫で悩む方にアプローチができます。

「爪用ジェル」ということもあって、白癬菌にアプローチをする以外にも爪の成長を促す効果にも期待ができます。

 

【白癬菌にはたらきかける】:竹酢液、ティーツリー、レモンティーツリー
【爪の成長を促進する】:ポリアミン
【成分の浸透を促す】:スクワランやアボカド油

 

f:id:xxxxkun:20180824120246p:plain