水虫きんぐ

〜私の水虫治療体験記〜

【梅雨入り注意!!】水虫患者にとってパンプスとレインブーツどっちが良いの!?

f:id:xxxxkun:20180610151051p:plain

 

 

 

雨の日にサンダルやパンプスを履いていると足元が濡れてしまう。

 

でも、、、

 

レインブーツだと足は濡れないけど熱気がこもって蒸れてしまう。

 

 

特に水虫の治療をしている女性であれば、こんな疑問を抱えたことがあると思います。

梅雨は水虫の原因である白癬菌が繁殖する環境にもってこいなんですよね。

だからこそ治ったと思っても治療を続けないといけない」と言われています。

冬で治ったと思っていても、梅雨の時期からまた再発する人が後を絶たないんですね。

私は水虫治療開始から90日経過「完治しました。ありがとう」の記事でも書いた通り、現在も再発することなく水虫以前の生活を取り戻しましたが、全ての人が冬の時期に完治ができたわけじゃないんですよね。

 

天気予報でも「とうとう梅雨入りしました」と言われているように、本日(10日)の関東の天気は雨ですね....

これは本格的に水虫と闘う人にとって梅雨対策をしていく必要があります。

 

さて、ダラダラ書いていても仕方ないので本題に入ります。

 

①サンダルやパンプスを履いていると足が濡れてしまう。

 

②レインブーツだと足は濡れないけど熱気がこもって足元が濡れてしまう。

 

どちらが、水虫対策として正解なのか?私の経験から紹介します。

 

結論からお伝えすると、、、

 

そのときの状況は関係なくて、その後のケアで明暗が分かれる。

 

履いた後が肝心なのに・・・

 

そのときの状況は関係なくて、その後のケアで明暗が分かれる。

 

サンダルやパンプスが良くて、レインブーツがダメ!なんて事はありません。逆もまた然りです。

私の経験から大事にしている事は、そのときに履いていた靴をどうケアをするか?です。

 

雨の日にサンダルやパンプスを履いていると、靴の中まで濡れてしまうことがありますが、その濡れた靴をそのまま放置していると靴内に雑菌が繁殖をしてしまうのです。

レインブーツも長時間履いていると、足が蒸れてきますがその時に履いていたレインブーツを放置しておくとレインブーツ内で雑菌が繁殖していくのです。

要は、その時の足の状況ではなくて、その後のケアで明暗が分かれます。

 

水虫治療の5大メソッドでも紹介していますが、白癬菌の対策で大事なのは自宅に帰って足を洗うことです。

究極を言うのなら、いくら汗をかいても、いくら蒸れても、帰宅してからでもしっかりと足を洗ってあげれば感染はグッと抑えられます。

もちろん、自分で出来る事はしますよ?今まで履いていた靴下から5本指靴下に替えてみたり、水虫薬を替えたりするなどの対策は必要です。

いくら頑張っても天候には勝てませんからね....気温が高かったら自然に汗が出ますよね?人間の身体の構造なのでこの作用には抗うことはできません。

 

雨だと湿度も高くなるので、レインブーツでも足は蒸れます。サンダルでもパンプスでも足は濡れてしまうのです。

 

では、雨の日に履いた靴をどうすればいいのか?具体的な対策を下記で紹介します。

私が実際にやっていることなので、参考になれば嬉しいです。

乾いたタオルで水気を吸い取る

まずは、乾いたタオルで水気を吸い取ってあげましょう。(古くなったタオルを活用すると良いですね☆)

タオルだけではさすがに限界があるので、新聞紙を丸めて靴の形に合わせて詰めてください。これで濡れた靴の中の水分を取っていきます。

 

うち、新聞頼んでないから家にないんだけど・・・

 

そのような方も多いですよね!

新聞紙の代わりとして、コンビニに置いてあるようなフリーペーパーでも大丈夫ですよ!

 

新聞紙とかフリーペーパーってインクが靴についたりしないの?

 

そうですね...靴によってもしかしたら付いてしまう可能性もありますが、私の経験上は一度もありません。

どうしても不安な方はこんな方法はいかがでしょうか?

不要になったストッキングの中に新聞紙を詰めて、靴の中に入れる方法です。

これなら「新聞紙が濡れてインクが〜」なんて心配はなくなると思います。

男性であれば不要になった靴下でも代用できますね!!

 

ドライヤーで乾かす

どうしても明日、この靴を履きたい!!!

と、思っている方なら迷わずドライヤーで乾かすと思うのですが、意外と、翌日になって「あれ?若干、湿っているような・・・」なんて経験をした事がある人もいるのではないでしょうか?

あれ、、、ズボラな私だけですかね(笑)

もし、同じ思いをしている方がいるなら靴の乾燥剤をオススメします。

十分にドライヤーで乾かしたら、乾燥剤を入れておくだけで雑菌繁殖などの観点からしても効果が期待できます。

ぜひ、使ってみてください。メーカーなどのこだわりはありませんが、私はこれを使っているので、もし使った事がない方がいるならオススメします。

 

 

革靴でドライヤーをあまり使いたくない人にとっても良いですね。

他にも靴専用の乾燥機があるみたいですが、私は使った事がないので今回発言は控えさせていただきます。

もし、靴用の乾燥機について詳しい方がいましたら是非、教えていただきたいです!!

 

以上が、雨の日にやっている靴のケアです。

特に大した事はしていませんが、細かいことをやり続けているから水虫の再発もなく毎日過ごせているのだと思います。

 

簡単ですが、以上の話をまとめます。

 

まとめ

 

・雨の日はサンダル、パンプスとレインブーツどちらでも大丈夫!!!

 

・大事なのは、履いた後のケア!!

 

・履いた靴をしっかり乾かすこと!乾燥剤があれば尚良し!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸

以上の話を踏まえて、水虫患者が水虫治療中にやるべきこと5つについて、下記の水虫治療の明暗を分けた5つのメソッドを大公開で紹介しています。

ぜひ読んでください!