水虫きんぐ

〜私の水虫治療体験記〜

水虫治療開始から50日経過しました。今どうなってるの?

f:id:xxxxkun:20180411090448p:plain

現状報告します!!
もしかして再発...?

 

水虫治療を初めてから50日目が経過しました!

さっそくですが、2018年4月11日(水)の様子を写真で紹介します。

 

水虫治療開始から50日目

f:id:xxxxkun:20180411080339j:plain

 

f:id:xxxxkun:20180411080404j:plain

 

f:id:xxxxkun:20180411080427j:plain

 

f:id:xxxxkun:20180411080455j:plain

 

趾間型水虫の症状が良くなりました。

前の様子と比べてみても肌の赤み、ガサガサ肌が改善されています。

痒みも無く、何も気にすることない日常を過ごせています!

治療当初の写真と比較するにはコチラをご覧ください。

>>水虫治療開始から1ヶ月間の写真を一挙公開

 

さて、こんな写真を見せていると、、、

 

見た目が綺麗になったからと言って、水虫は治ったわけじゃないよ!

水虫薬を塗ることを止めてしまうと再発するからね。

 

 なんて声が聞こえてきそうだったので、説明します。

 

確かに水虫は「見た目の症状が良くなっただけでは完治した」と言えません。これは事実です。

でも、どうでしょう....肌が「ボロボロ」で「じゅくじゅく」「真っ赤に腫れている」そして「痒み」が止まらない。

こんな症状で「水虫は治りました」なんて言われるわけありません。白癬菌のせいで炎症が起こっているのですから。

 

「たかが見た目が綺麗になった。症状が治った」と思われがちですが、水虫が治るためには、まず「見た目が綺麗になっていく」段階を通るのです。

 

水虫薬は最低でも3ヶ月塗り続けるべき!

 

そりゃそうです!どの水虫薬も3ヶ月は塗り続けると言われています。

 

だったら!!!

 

できるだけ早く症状が良くなって、人に見せられる足になった方がよくね?

 

良くなった症状を再発させない為に残りの3ヶ月を再発防止として治療を続けます。

50日経った今では、再発をさせないための治療を続けています。

3ヶ月経ったら病院に行ってもう一度診断を受けるつもりです。

 

見た目の症状が良くなることは水虫治療にとって良いことです!

白癬菌の活動が止まる→症状が良くなる→白癬菌が死滅する。

既に「症状が良くなる」ところまで治療は進んでいます。

ここまできたら水虫になる前の生活と同じように過ごせます。これがめっちゃ嬉しいんです!!

 

水虫治療に使った水虫薬

f:id:xxxxkun:20180402230151p:plain

 

いろんな水虫薬を試した結果、この2つの組み合わせがびっくりするくらい早く症状を軽減させてくれました。

左が「クリアフットヴェール」右が「ダマリングランデクリーム」です。

実は、塗り方にもこだわりがあるんです!!

詳しくは>>水虫治療5大メソッドをご覧ください。

 

※白癬菌の活動を抑えるために塗る順番も決まっているんです。

 

それでは、本日もお仕事頑張りましょう!!

金曜日までもうすぐです(T . T)

 

追伸

白癬菌は温度や湿度が低いところ、乾燥環境で活動レベルが下がります。

これから温度・湿度が高くなる梅雨や夏が待っています。

水虫治療を始めるには活動レベルが下がっている今しかないです!!!

 

温度や湿度が高くなりやすいと、すぐに症状を繰り返すようになって治りも遅くなります。だから!今の時期がチャンスなんです!

1月と比べて服装はどうなりましたか?「暖かくなってきたね〜」と言って、薄着になっていませんか?

白癬菌が活発になる季節が近づいている証拠です。

今からでも遅くないです!一緒に完治させてやりましょう!