クリアフットヴェールを使うときの注意点

水虫治療も1ヶ月が経ち、非常に順調です。(>>1ヶ月間で起こった変化を見る

たまーに5本指ソックスが食い込んで擦れるときが痛くて気になりますが、その他で気になるところはありません。

症状が治ったのでスポーツジムを再開しているんですが、全体の体温が上がると足先も赤みを帯びていると感じています。この写真はジム帰りで撮った写真です。

ジムにも通えるようになったので、足湯とかにも行こうかな〜なんて計画中な今日この頃です。

f:id:xxxxkun:20180321200024j:plain

2018.3/21(水)

 

さて、本日はクリアフットヴェールを使うときの注意点を書いていきます。

どんな水虫にも効くわけではありませんので、自分の症状に合っているときに使うことをオススメします。

 

水虫の種類と症状

クリアフットヴェールの注意点を説明する前に、水虫の症状と薬の種類を理解しておくとその後のイメージがしやすいと思います!

私たちが『水虫』と呼んでいる病気にはいくつかのタイプが分かれています。

f:id:xxxxkun:20181008172825p:plain

 

自分の足を見ていただけたら似ている症状があると思います。

ちなみに私は趾間型(しかんがた)でした。

初期は指の間が『じゅくじゅく』していて、水虫薬を塗っていくと皮が剥がれて『ガサガサ』状態になっていきました。白くふやけることもありましたね。

 

自分の症状が分かったら『じゃあ、薬使うか...』となるわけですが、薬にもいろんなタイプがあります。

f:id:xxxxkun:20181008172902p:plain

 

どの水虫薬を使ったらいいの?と疑問に思ったら自分の 『水虫の状態』に合わせて『薬の種類』を選ぶといいでしょう。

 

僕は、指の間に亀裂が入っていたときに、ブテナロックを塗って顔の表情を変えられないくらい悶絶したことを覚えています。あれは本当に痛かった。笑

皮膚に刺激を与えすぎると、その傷から雑菌が角質に入って余計に症状が悪化します。カビキラーや酢をオススメしない理由がまさにそれです。

どういう症状のときにどういう種類の薬を使うと安全なのか?を知っているだけで、僕みたいに悶絶タイムにならなくてすみます。(ナイス実験台ですね...)

 

クリアフットヴェール使用上の注意

僕の勝手な解釈ですが、クリアフットヴェールはジェルタイプなので、上の表だと『液状』に部類されていると考えています。

クリアフットヴェールの公式HPにこのように書いてあります。

 

肌の状態がジュクジュクしている場合は非常にデリケートな状態なので、使用を控えてください。状態が落ち着いてからご使用ください。

 

個人の肌の強さにもよりますが、ジュクジュクタイプなのにスースーするような爽快感を求めると、肌に強刺激が加わり治療が遅れる原因になります。

治療薬選びは身長に行いましょう。

病院で処方された薬を使っていたら悪化して治らない方もたくさんいらっしゃると聞きました。

薬の含まれている成分が肌に合わなかったのでしょうね。

裏を返すと、それくらい水虫状態の肌は敏感なのだと捉えることもできます。

 

もしかしたら、じゅくじゅくタイプで皮膚が白くふやけてしまっている人がクリアフットヴェールを使ったら痛みを感じてしまう可能性もあるということです。

 

まとめ。

 

①水虫の症状に合わせて薬の種類を考える。

 

②クリアフットヴェールを『じゅくじゅく』状態で使うと肌への刺激が強すぎる可能性があるので注意する。

 

③クリアフットヴェールが最適なのは『カサカサ乾燥した水虫』と『水疱でつぶれていない水虫』である。

 

 

クリアフットヴェールの詳細はこちら