水虫を早く治したいあなたへ。やってはいけない4つの行動まとめ。

 

治療開始から1ヶ月間の写真で足の様子を載せているように、初期の頃と比べるとだいぶマシになってきたなぁと思います。

 

毎日、同じタイミングでクリームを塗っているだけなので、特別な治療はしていませんが、日常生活の中では衛生面に気を遣うようになりました。

普段の生活でも特に破天荒なことはしていませんが『これだけはやらないようにしよう!』と決めて実践している4つの事があるので紹介します。

 

 

 

①治療を止めない諦めない。

f:id:xxxxkun:20180302155827j:plain

 

水虫の症状が治ってくると『おっしゃ〜』ってなるじゃないですか?

私もあの時ばかりはめっちゃ嬉しかったです。でも、この気持ちが慢心に変わると危険です....

『今日は眠たいし、クリーム塗るのいいや、、、まぁ大丈夫だろ』

 

この気持ちが継続心を断ち、白癬菌が活発になる梅雨や夏にかけて、水虫が再発することになるのです。

 

・治っただろう....

 

・塗らなくていいだろう....

 

この気持ちを捨てましょう。水虫治療に大事なのは『どれだけ習慣化できるか?』です。

意識高い系男子みたいな言い方ですが、クリームを塗るだけなので絶対にできます^^

 

 ※使っているクリームが肌に合わないようなら使用を中止してください。

水虫とは別の皮膚病になってしまう恐れもあります。

 

②バスマットやスリッパの共有を避ける

f:id:xxxxkun:20180226111233j:plain

 

銭湯、プールなどでは、お客さんが共通のバスマットやスリッパを使いますよね。

誰がどんな菌を持っているのか分からないのが怖いのです。

バスマットやスリッパは白癬菌を含む雑菌たちの繁殖に適した場所になります。

もし、行くのであればタオルを2.3枚持って行って、自分だけのバスマットとして足を拭くことをオススメします。

白癬菌は皮膚に付着してから24時間以上経つと繁殖して感染する恐れがあるので、家に帰ってきたらもう一度、手足を洗い流すことをしましょう。

 

ご家庭でも共通のバスマットを使わずに分けた方がいいと思いますが、

その際にオススメなのが、以前の記事でも紹介した珪藻土バスマットです。

速乾性・吸水性に優れているので、常にバスマットが乾燥している状況になります。

雑菌の繁殖を抑えてくれるので、家族への感染も防いでくれるバスマットです。

 

入浴の際にはナイロンタオルでゴシゴシ洗う事も禁止です。

『手をゴシゴシ洗いましょうね〜』のなごりなのか、『キレイにする=ゴシゴシ』というイメージがあると思います。

相手は菌なので、念入りに洗いたくなる気持ちはめっちゃわかります。

それだと皮膚が傷ついてしまうのです。ボディーソープはしっかりと泡立てて優しく洗い流しましょう。

 

③これいけんじゃね?的な治療はやらない

f:id:xxxxkun:20180302162103p:plain

 

水虫経験者の方がネットで、『カビキラーぶっかけたら治ったよ』ということを口にしていることがあります。

治ったと言い切るところも疑うべきですが、そもそもカビキラーは水虫用に開発された薬ではありません。

『腸内フローラ』という言葉を聞いたことありませんか?

腸内には多種多様な菌が存在してて、善玉菌や悪玉菌、日和見菌と呼ばれる菌たちがいます。

これらの菌たちを正常なバランスに保つことで健康を維持しているのです。

これは肌でも同じ事が言えます。

肌には皮膚常在菌が1兆個いるとされています。

そして、肌の善玉菌は『弱酸性』を好みます。

 

f:id:xxxxkun:20180302162534p:plain

カビキラーなどに含まれる次亜塩素酸塩などの成分を肌に使ってしまうと、悪い菌と共に良い菌も殺してしまう可能性もあるのです。皮膚常在菌のバランスが崩れると、肌フローラが保てなくなり、肌荒れなどが起こります。

皮膚に傷ができてしまうと、そこから雑菌が入って、また違う皮膚の病気になってしまうこともあるのでご注意ください´д` ;

仙人が開発したような治療法はやめましょうね!

 

 

④靴を長い時間履く

f:id:xxxxkun:20180302164950j:plain

 

さすがに、この時期(3月)に「素足でサンダルで行きましょう」なんて事は言えませんが、出来る限り靴の中の換気をしてください!とお伝えしたいです。

 

・靴下を履き替える(けっこうめんどい)

 

・靴を脱ぐ(場所を考えないといけない)

 

・通気性の良い靴を選ぶ(服との組み合わせを考えると無理)

 

上記のような方法がオススメと言われていますが、いざ実践しようとすると難しいことばかりなんですよね。

 

私は、ペコペコしているのが仕事なんですが、そのストレスのせいか靴の中は汗で蒸れて半端ないです。(ちょっとはプライドあるよw)

 

長時間運転する事も多いので、運転中は100均で買ったつま先が空いているサンダルを履いています。このときばかりは『誰も足元は見てねーよ』精神を貫いています。

これがけっこう蒸れ防止になって足元がスッキリして気持ちも楽になるので、気を抜ける時間を見つけて靴をサンダルに履き替えるのはオススメです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

まとめ

特別なことはしていません。常に気にしているのは"清潔に保つ"ことだけです。

 

①治療を勝手に止めないこと

 

②バスマットやスリッパの共有はダメ!

 

③仙人が発明したような治療に頼らない

 

④靴を長時間履かないこと

 

 

 水虫薬を毎日塗ることも大事ですが、それと同じくらい患部を清潔に保つことは大事です。

この1ヶ月で水虫の症状が治った理由は、この2つを守ったおかげです。

もし、今から治療される方がいましたら下記の記事を参考にしていただけたら嬉しく思います。

 

水虫治療方法のポイントを今すぐ見にいく↓