【10日目】水虫治療奮闘記『クリアフットヴェール』

f:id:xxxxkun:20180301100113p:plain

水虫治療奮闘記も10日目になりました。

入浴後すぐにクリアフットヴェールを塗っているおかげで、乾燥肌が治ってきました!

 

趾間型水虫【乾燥タイプ】だと、他の部位と比べても肌のカサカサ感がとても目立つようになるんですよね。

湿気はダメと言っても、ある程度の潤いは必要だと思っています。

 

クリアフットヴェール10日目の成果はこれです

部屋のカーテンを閉めて、電気をつけて撮影しています。

スマホの影で暗くなってしまっていますね。気をつけます´д` ;

【親指と人差し指の間】

f:id:xxxxkun:20180301091356p:plain

 

10日目にして、赤みがピンクになってきました。

肌触りも、症状が出ていない右足と変わらないくらいまで戻ってきました。

【人差し指と中指の間】

f:id:xxxxkun:20180301091701p:plain

 

指の間で裂けていることはありません。ここも赤く腫れて光沢が出ていた頃と比べると、腫れも治り、色味もピンクで、指も動かしやすい印象です。

f:id:xxxxkun:20180301094353p:plain

 

【足指の裏】

f:id:xxxxkun:20180301094709p:plain

 

指裏(親指の付け根部分)に赤い斑点がありましたが、クリアフットヴェールを塗り続けていたらなんとか消えてくれました。

足裏は、歩くたびに靴で擦れてしまう事が原因で6日目くらいまでは変化がありませんでしたが、赤みが引いてピンク色になってきた辺りからカサカサも治り始めてきました。

 

 

 

現状、感染拡大は見られません。

趾間型水虫になると、爪の周りや爪と皮膚の間に白癬菌が潜り込み、爪水虫になってしまうこともあるそうです。

私は入浴後に指の間だけではなく、爪の周りや爪と皮膚の間にクリームを塗るようにしています。

 

乾燥している冬の時期では、白癬菌は冬眠状態になります。

ジメジメしてくる梅雨の時期や、気温が高くなる夏場にかけてゾンビのように復活してくるのが白癬菌の恐ろしいところです。

皮膚の表面が治ってきたからと言って、菌を死滅させたわけではありません。

角質層に住む白癬菌の活動が弱まっているこの冬の時期にしっかりとしたケアをして、

繁殖を防ぎ、完治させるべきなのです!