アルコールで水虫菌は撃退できない!?

 

・消毒用アルコールを足にかけたら水虫は治るのか?

 

・消毒用アルコールはどんな時に使えば良いの?

 

アルコールには「殺菌・除菌」などの効果があるので、雑菌の繁殖によって起こった水虫にも効果があると言われています。 

 

って、ことは...
水虫の足に消毒用アルコールをかけたら治るんじゃね?

 

そう思う方も非常に多いと思います。

今回は「消毒用アルコールで水虫は撃退できるのか?」について詳しく書いていきます。

 

 

消毒用アルコールを水虫にかけても効きません!

 

消毒用として販売されてる「アルコール」は真菌に対しての効果があります!

 

ただし!アルコールと菌が直接触れ合った場合のみ効果を発揮します。

 

日常生活ではこのようにフローリングの上に白癬菌が落ちていることがあります。

これは、足の皮が剥けるのと一緒に白癬菌も落ちるので、こまめに掃除をしていないと床上に滞在することがあります。

f:id:xxxxkun:20180723071536p:plain

 

フローリングの上に白癬菌がいるような場合なら、消毒用アルコールによって"直接拭き取れる"ので消毒には効果があります!

 

ですが、水虫になっている足に対して「消毒用アルコール」を使っても効果はありません。

フローリングの例のように皮膚の上に白癬菌が付着しているだけなら、同じく効果がありますが、白癬菌が滞在している場所は皮膚の表面ではなくて、もっと奥の角質層です。

f:id:xxxxkun:20180723073143p:plain

 

消毒用アルコールでは、白癬菌が潜んでいる角質層まで浸透できず、効果を得られないのが現状です。

皮膚の表面に付着した雑菌に対しての効果は見込めると思いますが、内部に潜んでいる白癬菌を倒すことはできないのです。

 

これらの理由から「水虫には消毒用アルコールは効かない」という事になります。

 

 

掃除する時は消毒用アルコールが有効!

 

足や手に発症している水虫(白癬菌)に対しては「消毒用アルコール」は効きませんが、掃除用としてなら「消毒用アルコール」は非常に有効です。

 

いま、子どもがハイハイする時期なんですけど、旦那が水虫なので、子どもに水虫がうつってしまうと思っていて心配です。

 

小さいお子さんがいるご家庭で多い悩みですよね。

 

ご家庭の掃除についてまで口を出す権利は私にありませんが、普段の掃除機はもちろんの事、余裕があればクイックルワイパーの様な除菌シート、コロコロ(粘着シート)で床に落ちた皮膚や雑菌を掃除するといいかも知れません。

 

念入りに掃除するポイントとしては「共有スペース」です。

 

・玄関マット

 

・トイレマット

 

・階段

 

※試着室(お店の人は要注意)

 

これらの場所は念入りに掃除機+除菌シートなどで掃除する様にしましょう!

 

「水虫を治すためにアルコール消毒する」ことは意味がありませんでしたが、スリッパやドアノブなど、「直接触れる場所を消毒するため」には除菌の効果を得られるので、感染予防としては十分に使えることがわかりましたよね。

ご家庭でも、共通して多く触れる場所を中心にアルコール消毒をしてみてください!

 

まとめ・・・

 

・消毒用アルコールを皮膚に塗っても、すでに発症している水虫には効かない可能性が高い

・フローリングなど、直接拭き取れる場所には効果的である。水虫の予防につながる。

 

消毒用アルコールは靴の掃除にぴったり!

 

水虫になったときに履いていた靴の中は、清潔とは言えません。

皮膚が剥がれ落ちるときに、白癬菌も一緒に付いている場合があり、それは靴下の繊維を容易にすり抜けて靴内に滞在している場合もあります。

 

毎日履いている靴は、非常に蒸れやすくなっているので、さらに白癬菌が繁殖してしまう可能性が高いです。

 

つまり、靴内の消毒も必要なのです。

そんな時に使えるのが、「消毒用アルコール」です。

 

・掃除方法。

・どんな靴に、どんな種類の消毒用アルコールを使ったら良いのか。

 

下記の記事にて、紹介しています。

 

最近、靴の中を掃除していない人は是非ご覧ください!

 

 

mizumushi.hatenadiary.jp

 

 

追伸

 

・これから水虫と真剣に闘うと決めた方

・来シーズンに向けて水虫対策をしようと思っている方

 

私はこのランキングの1位と2位を使って、趾間型水虫を撃退させました!!