水虫治療開始から1週間経過『症状はどうなった!?』

f:id:xxxxkun:20180224090103p:plain

水虫治療開始から1週間が経ちました。症状はこんな感じになりました。

 

こんにちは。趾間型水虫ボーイのNaoです^ ^

水虫治療を始めてから1週間が経ちました。いろいろな治療方法がある中で、私は市販の水虫治療薬に効果はあるのか!?とても気になりました。病院に行く時間がないので出来れば自宅で完治させたいと思っています。正直、病院に行くのが恥ずかしいという気持ちもあります....

今は、入浴後にクリアフットヴェールとエクシブWクリームの両方を塗っています。

市販薬を1週間使った後の症状と感想を書いていきます。

 

クリアフットヴェールとエクシブWクリームを1週間使ってみた。

 

【全体】

f:id:xxxxkun:20180217223038p:plain

 

f:id:xxxxkun:20180224074210p:plain

 

指と指の間の赤みが引いてきました。

2月17日では全体的に痒みがありましたが、今現在(2月24日)では痒みを感じることはありません。

赤みが引いたと共に、痒みも無くなってきました。

透明な液(滲出液)も出ていましたが、それも解消!!!

皮膚の乾燥はまだ見られます。

全体的に指に力が入るようになったことが嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ



 

【親指と人差し指の間】

f:id:xxxxkun:20180217223143j:plain

 

f:id:xxxxkun:20180224074433p:plain

 

赤く、裂けていた部分が修復されて、指を大きく開くことが出来てきました。

『あれ!?治ったかな!?』と思って指を開くと、またパックリ裂けてしまうことがありましたが1週間経った今は傷も治って、自由に指を動かしています。

 
〜水虫治療1週間で気をつけたこと〜

 ①風呂ではゴシゴシ力を入れて洗わない。頭や洗顔をしている間は足湯で汚れを取る。

②入浴後はタオルでしっかりと足全体を乾かす。すぐにクリアフットヴェールとエクシ

ブを塗る。

③バスマットを布から珪藻土バスマットに替えた。(他人にうつさないように)

④5本指ソックスで、指と指を離す。蒸れ防止。

⑤長時間、靴を履く場合は時間を見つけて靴下を替えた。

⑥外出後は、必ず足を洗う。

 

項目は多いけど、特別な事はしていません。

基本的には、自分はこれ以上悪化させないことを努力して、菌と戦うのは薬に任せています。

 

①〜⑥の項目は1週間、サボらずにやれました。

『家に帰ってきたら手洗いうがい。寝る前には歯磨き』という習慣は皆さんにもあると思います。本当にそんな感覚でした。

クリームもただ塗るだけなので、『面倒くさい』思いもなかったです!

私はクリームを塗った手を必ず洗うようにしています。クリームも手で伸ばしてしまえばベタつきを感じることもないので、そのままにしてしまいがちですが、塗った手に白癬菌が付いている事も考えられるそうです。

手の水虫もあると聞くので、感染拡大防止の為にも塗布後は手を洗うようにしています。

顔に塗る保湿クリームとかは、塗った後に手を洗わないで、足とかに塗って『おし。寝るか』という感じでもいいのですが。(あれ、これやってるの私だけ?笑)

 

⑤の『靴下を替える』ところだけが難易度が高いかもしれませんが、靴と足を蒸らさないことを大事にしたいので、可能であればやっていただきたいです。

5本指ソックスは指が1本1本独立した状況を作れます。趾間型水虫の場合は特に指が密着している所が蒸れて発症します。5本指ソックスは指の間の蒸れを起こさないことが可能です。

仕事で歩き回っている靴の中は蒸れて不快感すら覚えます。

靴下を替えることで、足を清潔に保てるし気持ちもスッキリします( ^ω^ )

仕事のリフレッシュにもなるので、余裕のある方は靴下交換をオススメします。

 

 

③の珪藻土バスマットはご自身の判断に任せます!

家族や、恋人と暮らしている方は共有しているバスマットから繁殖した白癬菌がパートナーに感染してしまう可能性もあります。(最先端好きなので

水虫ごときで関係をギクシャクさせたくないので、吸水性・速乾性に優れた珪藻土バスマットを使っています。

 

 

感想

前述した通り、特別な事をしていないのでストレスも感じていません。

ただ、

・赤み

・腫れ

・かゆみ(完全になくなった)

・指の動かせる範囲の拡大(力が入るようになった)

 

目に見てわかる変化はめっちゃ嬉しいです(^ ^)

ただ、白癬菌は表面ではなく皮膚の奥に潜んでいます。見た目が変わって治ったという考えは間違っているので引き続き治療を進めていきます。