ロート製薬の『エクシブWクリーム』を選んだ理由

f:id:xxxxkun:20180218230647p:plain

先日の水虫治療奮闘記でも書きましたが、エクシブを使い始めました。

 

水虫が発覚してから始めて買ったのが、ROHTO製薬のエクシブクリームです。

 

f:id:xxxxkun:20180218214121p:plain

 

説明書には、【効能】や【用法・用量】【成分】【使用上の注意】が書かれています。

手のひらサイズで、持ち運びにもOK!

外泊するときも問題なく使えそう。

f:id:xxxxkun:20180218214443p:plain

 

ここで気になるのが、このクリームを患部(水虫の場所)にどれだけ塗ればいいのか?

説明書や箱にはこう書いてあった。

 

f:id:xxxxkun:20180218220343p:plain

 

 

その適量を知りてーんだよ(´Д` )

 

 

人によって患部の広さが違うから何とも言えない気持ちは分かりますが、

水虫初心者にとって、優しくないアナウンスかもしれないですね。

 

内容量は15gで、1日1回の塗布。

成人の人差し指の先端から第一関節まで出した量が約0.5gだと言われている。

f:id:xxxxkun:20180218224324p:plain

 

FTUに基づく計算だと、片足全面を塗るとしたら、約1gは必要になる。

足趾だけではなく、全面(足裏まで)を塗ると考えると、エクシブ1本で約15日前後分の量になる。

幹部面積の広さにもよるが、部分だけに塗ると考えると、約30日前後分の量がある。

 

実際に塗ってみたところ、0.5g(人差し指の先端から第一関節までの量)で足趾間は十分に塗れた。

足裏まで考えると、やはりもう0.5g塗る必要がある。

 

私、個人の見解ではあるが、適量というのは1gのことだと考えている。

人差し指の先端から第一関節までの量を2setである。

 

 

私がエクシブクリームを選んだ理由

 

 

強い殺菌効果のある『テルビナフィン塩酸塩』が配合されている。

 

クリームタイプならムラなく塗れる。浸透性に期待できる。

 

ロート製薬への絶対的な信頼

 

 

エクシブクリームを使った感想

軟膏ほど、べたつきを感じない。

自分で分量を決めると塗りすぎも防げる。

浸透している気がする....笑

"ただれ"や"亀裂"がひどい場合は、刺激が強すぎて痛みを感じることがあるので気をつけたい。